新着情報

長尾台診療所 大阪府枚方市|新型コロナウイルス感染症の検査(PCR検査・抗原検査・抗体検査)に関して

新型コロナウイルス感染症(SARS-CoV-2ウイルスによる感染症、COVID-19)の検査に関して、PCR検査や抗原検査が感染症法に基づく行政検査となり、検査料が無料となります。
対象者は

①医師の診断により新型コロナウイルス感染症が疑われる方
②新型コロナウイルス感染者との濃厚接触者 等です。

当院では検査精度等を考慮し、PCR検査を行っております。検査結果は1~2日後に出ます。
ご希望の方はまず医師による診察が必要ですので、直接ご来院下さい。予約は要りません。
検査料自体は無料となりますが、その他、初診料等がかかりますので、必ず健康保険証をご持参ください。
健康保険証がない場合は自費扱いとなりますので、3万円程度かかって参ります。
また、PCR検査陰性証明書(日本語・英語)も発行可能です。日本語証明書:2000円、英語証明書:3000円です。

抗原検査も当院では可能ですが、感度が低く陽性が出にくいため(検査の精度が低く)、これのみでは新型コロナウイルス陰性と確定診断できません(陽性とは確定診断できます)。抗原検査で陰性の場合は、更なる精査が必要な時は追加でPCR検査をする必要があります。このため、PCR検査が可能な方には最初からPCR検査を行います。ただ、PCR検査は結果が出るまでに1~2日かかるため、重症で急変する可能性があり、即時の診断が必要な患者様には、5分で結果の出る抗原検査を行います。こちらも健康保険証がない場合は自費扱いとなりますので、1万5千円程度かかります。

また、新型コロナウイルスワクチンの接種者の増加に伴い、抗体検査へのお問い合わせを多数いただいておりますため、当院では新型コロナウイルス抗体IgG定量検査を行っております。IgG抗体とは、ワクチンを接種した後に体内に出来る物質で、ウイルスや細菌等の外敵から身を守る働きがあります。多ければ多いほど感染を起こしにくく、また感染したとしても軽症ですむ可能性が高まります。また、この抗体は一度、新型コロナウイルスに感染した場合にも体内で産生されます。つまり、この新型コロナウイルス抗体IgGの血中濃度を調べることにより、
①ワクチンを接種した後、本当に体内に抗体が出来ていて、新型コロナウイルスに感染しにくい状態となっているか?
②今まで新型コロナウイルスに感染したことがあるか(ワクチン接種していない場合)?
等の事が分かります。当院で測定するのは新型コロナウイルスのSタンパク質(ウイルスの表面にある特徴的な突起を形成するスパイクタンパク質)の受容体結合ドメイン(RBD)に対する血清中のIgG抗体量です。この検査は研究試薬での測定となり、自費扱いとなりますので4000円程度かかります。結果は数日後に出ます。

ワクチン1回目接種後2週間で30%、2回目接種後1週間で95%の人に抗体が産生されるようです。つまり、ファイザー製のワクチンは2回接種しないと抗体産生が不十分であり、1回接種しただけで安心するのはまだ早く、3週間空けて続けて2回目を接種して初めてワクチンの本当の効果が出ると言えます。
日テレNEWS24 https://www.news24.jp/articles/2021/05/12/07871080.html
また、新型コロナウイルスに感染1年後でも97%の人が抗体を持続して持っており、ほとんどの人が感染後1年たっても感染に対しての抵抗性を持続しているようです。ただ、抗体価は徐々に下がってきており、感染したとしても今後ワクチン接種が必要となる可能性がありますし、ワクチンも数年に1回程度打つ必要があるのかもしれません。
NHK https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210520/k10013041211000.html

現在、枚方市において新型コロナウイルス感染者の急増により、保健所から患者様へのご連絡が1日、2日程度かかる見込みです。連絡をお待ちいただいている間に、枚方市サイト「新型コロナウイルスに感染していることが分かったら」 https://www.city.hirakata.osaka.jp/0000034787.htmlをご参照ください。今後の流れや、療養・入院についての説明、パルスオキシメーター・配食・衛生用品支援サービスの案内、等が書かれています。これらを参考に保健所からの連絡をお待ちください。

急変時や、ご心配なことがございましたら、何でも当院までお電話下さいませ。出来うる限り対応いたします。

一覧に戻る

お問い合わせ