主なサービス内容

居宅介護支援とは?

被介護者の身体的・精神的な状況に合った適切なサポートを行い、自立した生活を送れるように支援することを指します。ケアマネジャーが、被介護者からの相談や要望に応じてケアプランを作成し、それに沿って適切な介護サービスの提供者・事業者との調整を行います。

サービス内容1ケアプランの作成

ケアプランとは、被介護者本人が自立した生活をする上での希望や要望、「○○を一人でできるようになる」などの目標を設定し、達成に向けて利用すべき介護サービスの内容などを記載した書類ことを指します。長尾台診療所居宅介護支援センターでは、ご本人はもちろんご家族との関係性や要望なども考慮し、“本人の意思とご家族の意思に沿ったプランづくり”を行っています。

サービス内容2各種手続きの代行

要介護認定の更新や変更届の市区町村への提出など、各種手続きの代行も行います。「要介護認定の内容を変更したい」「書類の作成方法がわからない」といった場合のご相談にも迅速にお答え、お手伝い致します。

サービス内容3アフターサポート
(定期的な訪問・ヒアリング)

ケアプランの作成後も月に1回以上は利用者の元へ足を運び生活状況や目標の達成度を確認させていただきます。また、併設の長尾台診療所・長尾台診療所デイケアセンターをご利用の場合は、ドクター、看護師、ヘルパーと連携し、少しの変化にも柔軟に対応することが可能です。必要であればケアプランの見直しを行います。

お問い合わせ