胃カメラ・大腸カメラ

当院は鎮静剤、鎮痛剤を用いて無痛の消化管内視鏡(胃カメラ、経鼻内視鏡、大腸カメラ)の施術を行っています。胃カメラご希望の方は、当院受診時にお伝えいただくか、あらかじめご希望の日時をお電話ください。当日は絶食で来ていただければ施行可能です。大腸カメラご希望の方は、飲んでいただく下剤をお渡しする必要がありますので、事前に一度ご来院ください。

診療時間 日・祝
8:30〜12:00 × ×

田中敦俊 医師

日本赤十字社和歌山医療センターで指導医として6年間内視鏡を扱い、数々の癌や良性疾患の治療を行ってまいりました。上部内視鏡胃カメラは症例数が2万件、下部内視鏡大腸カメラの症例は1万5千件を数えるエキスパートです。
大病院の医療には様々な制約があって、患者さまのご希望にもそえないことが少なくなかったのですが、長尾台診療所では鎮静剤を用いた無痛検査など、地域のみなさまのニーズに応える診療が十分ご提供できるようになりました。当院では大病院での検査と同等かそれ以上の高いクオリティを維持しつつ、カメラを無痛にて行います。

胃カメラ・大腸カメラ

上部内視鏡<胃カメラ(経口・経鼻胃カメラ)>

上部内視鏡では、食道や胃・十二指腸の検査が可能です。非常に画質がきれいなため早期がんを発見しやすいという特徴もあります。

くわしくはこちら

痛くない極細胃カメラ(口からの胃カメラ・鼻からの胃カメラ)

太さは5mm程度と「うどん」と同じくらいですのでほとんど苦痛はありません。鎮静剤(眠くなる薬)を一緒に用いれば、全くおえっとならずに無痛で、寝ている間に検査が終了します。

くわしくはこちら

下部内視鏡<大腸カメラ・大腸内視鏡>

下部内視鏡では、大腸がんの検査が可能です。健康診断結果で便潜血が陽性の方や、貧血などの症状のある方、腫瘍マーカーの数値が高い方はこちらで検査を行います。

くわしくはこちら

無痛検査(痛くない内視鏡検査)

当院では鎮静剤を使って、患者様が完全に眠った状態で胃カメラ(口からの胃カメラ、鼻からの胃カメラ)、大腸カメラ検査を行う「無痛検査」を行っています。

くわしくはこちら

内視鏡施設のご案内

内視鏡施設の設計にあたっては、車いすの方でもご利用しやすいように、トイレの面積を広くしています。患者様がスムーズな動線で、待合~着替え~検査~リカバリー~結果説明を行っていただけるよう配慮しています。内視鏡は、専用の洗浄機を導入しており、感染の危険性はありませんのでご安心ください。

お問い合わせ